風景

2017年07月03日

せせらぎに耳を澄ましてください。

祇園白川天の川をはさんで
織姫と
彦星の
愛し合う2人が
年に1度だけ
会うことができるという
伝説の七夕。
会う日まで
お互いが
相手への思いを
短冊に書いて
その日を待ったという。
それが
7月の和名
「文月」の名前の由来。
もうすぐ七夕。
天の川の
せせらぎが
聞こえて来るよう。


にほんブログ村


ai_himawari33 at 18:22|Permalinkclip!

2017年06月19日

京都の人気スポット鴨川。

鴨川。京都の鴨川は
南北を流れる
約33kmの河川。
デートスポットとして
有名ですが
観光客にも大人気。
ツイッターには
大人女子おすすめの
エリアと
記されています。
写真は
四条の橋から
撮った鴨川。
夜になると
川床で
お酒と料理を楽しむ方々で
賑わいます。
京都の
風情が感じられる鴨川です。



にほんブログ村


ai_himawari33 at 19:06|Permalinkclip!

2017年06月12日

大阪舞洲の「ゆり園」で撮って来ました。

大阪舞洲ゆり園大阪の新名所
大阪湾を望むロケーションに
満開のゆり畑が出現。
空と海のブルーと、
ゆりの花々が
鮮やかな色のコントラスト。
とネットのコピーに惹かれて
舞洲の「ゆり園」に
行って来ました。
確かに
約50種約250万輪の
ゆりの花が
咲き誇っていましたが
撮影には趣がなく
ちょっとがっかり。
ゆりの花だけを
撮るなら
いいかもしれませんね。
とにかくせっかくだから
ワンカット撮ってみました。



にほんブログ村


ai_himawari33 at 19:22|Permalinkclip!

2017年05月15日

暑さを避けて水路を走る十石船。

岡崎疏水。このところ
夏日が続いています。
いかがお過ごしですか?
京の街は
「葵祭」で
賑わっています。
25度を超える
暑さに観光客も汗だく。
ぶらり
仁王門通りを歩くと
水路には
十石船がスイスイと。
きっと涼しいだろうなぁ
と思いながら
撮ったのが
このワンカット。
橋の上から
眺めているだけでなく
乗ってみたい十石船です。



にほんブログ村


ai_himawari33 at 18:49|Permalinkclip!

2017年05月01日

さわやかな新緑の季節であってほしい。

大阪中之島。新緑の季節、5月が始まる。
和名で「皐月(さつき)」
早苗月(さなえづき)が
「皐月」になったとか。
早稲月(さいねづき)、
稲苗月(いななえづき)
雨月(うげつ)、
梅月(ばいげつ)とも
呼ばれている。
5月4日は「みどりの日」
本格的な夏は
まだまだ先のようだが
昨日、今日は30度を
超える地域もあったよう。
国際情勢はキナ臭く
蒸し蒸しして汗が出そう。
平和で、さわやかな
新緑の季節で
あってほしい。



にほんブログ村   


ai_himawari33 at 19:49|Permalinkclip!

2017年02月20日

心が変える見慣れた風景。

大阪中之島。見慣れた風景でも
そのときの
心のありようで
感じ方がまったく違う。
浮き浮きしているとき
考え事をしているとき
そのときの
状況によっても
目に入る風景が
普段と同じはずなのに
すっかり変わって見える。
のんびりと歩いているとき
急ぎ足のとき
通り過ぎるだけのとき
心って
不思議な目をもっている。
心って
同じ風景さえ変えてしまう。

にほんブログ村 


ai_himawari33 at 11:35|Permalinkclip!

2017年01月30日

地上300メートルからの風景。

ハルカスヘリポートからの眺め。高さ300メートル
日本一高いビル
大阪あべのハルカス。
屋上に位置する
ヘリポートに上がると
なにも遮られることのない
360度の
世界が広がります。
見渡すと
あの大河ドラマの
真田丸跡や大阪城が
米粒くらいに小さく見えます。
大阪平野、六甲山系、
明石海峡大橋から淡路島
生駒山系、京都方面まで。
京都タワーも微かに見えます。
眺めるには、まさに絶景。
しかし屋上からの撮影には
いろいろ制約があります。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 17:20|Permalinkclip!

2017年01月16日

「寒い」という言葉が出てきます。

都会の雪。寒い、寒い、寒い
雪が舞い
各地で積雪
何十年ぶりかの
冷え込みと報道
この冬一番の
強い寒気だとか。
関西でも
氷点下4度を
記録したところも
あったよう。
京都は氷点下2.7度
大阪は氷点下0.6度。
気象庁によると
冬型の
気圧配置が
まだ続くという。
寒い、寒い、寒い
いま「寒」のまっただ中。



にほんブログ村  


ai_himawari33 at 12:25|Permalinkclip!

2016年12月19日

春が来るまで耐えるだけ。

冬の風景。寒い冬空の下で
裸の木が
冷たい
強い風と
向き合っている。
寒さになんか
負けるものかと
凛と
突っ立っている。
しっかりと
足を踏ん張って
風よ
いつでも
かかって来いと
平然としている。
なにがあっても
動じない裸の木。
春が来るまで
耐えるだけと知っている。


ai_himawari33 at 18:44|Permalinkclip!

2016年11月07日

冬だけが知る起承転結。

嵐山。立冬、きょうから
冬がはじまる。
冬が来ると
なぜかわくわくする。
一年の終わりと
一年の始まりが
冬にはあるからだ。
春は夏の始まり
夏は秋の始まり
秋は冬の始まり。
冬だけが春、夏、秋の
過去を背負って
終わりの一年を
振り返ることができる。
さらに冬は
まだ見ぬ春、夏、秋という
新しい年の未来を
夢見ることができる。
冬だけが知る「起承転結」。


にほんブログ村  


ai_himawari33 at 18:59|Permalinkclip!

2016年10月03日

不思議な出会いは神様のいたずら。

京都南禅寺。紅葉の季節
不思議と同じ場所で
あなたと出会います。
まるで神様のいたずら。
紅葉の季節に限って
出会いを
仕組んでいるようです。
もう五度も
出会っています。
お互い
また、出会ったことを
知っています。
それでも
言葉を交わすことなく
目と目で今年も
お会いしましたね、の関係。
まもなく紅葉の季節
今年も
あなたと出会えるかしら。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 18:33|Permalinkclip!

2016年09月05日

サルビアの道を歩きながら…

サルビア。夏が
さよならと言い
秋が
ご苦労様と言う。
陽射しと
さわやかな風が
手をつないで
サルビアの
道を歩く。
お互いを
敬いながら
秋が夏物語に
耳を傾け
夏は
これから始まる
秋の物語に
心をときめかせる。
もうすぐ
夏と秋が入れ替わる。


にほんブログ村  


ai_himawari33 at 15:14|Permalinkclip!

2016年07月26日

お茶屋さんの窓を、のぞき見する「サギ」です。

サギ。京都は白川で
「サギ」が川面で
遊んでいるのを
ぼんやりと
眺めていたら
不意に
「サギ」が
飛び上がって
お茶屋さんの
二階の窓へ。
窓の中では
お昼時のお客さんが
多分、京料理でも
召しあがって
おられるのでは…
それを
じっと眺めているサギが
愛らしく
撮ってみたのがこの一枚。



にほんブログ村  


ai_himawari33 at 16:27|Permalinkclip!

2016年07月19日

京都の白川は撮影スポットらしい。

祇園白川。気象庁は
昨日18日、
九州から
東海にかけて
梅雨明けしたとみられると
発表しました。
近畿地方の
梅雨明けは
平年より3日早いようです。
きょうは夏土用。
高気圧に覆われて
最高気温は35度(京都)
気象庁は
水分をこまめに取るよう
呼びかけています。
写真は京都の
撮影スポット「白川」。
観光客は
記念撮影に夢中です。



にほんブログ村  



ai_himawari33 at 16:41|Permalinkclip!

2016年06月20日

ふしぎな気持ちになる名刹寺院の苔庭。

苔庭。森の中の「苔庭」
初夏の午後
陽ざしを受けて
「苔」はまるで
緑の絨毯を
敷き詰めたように
美しく輝いていました。
しばらく
撮るのも忘れて
呆然と見とれていました。
何とも言えない
ふしぎな
気持ちになる苔庭です。
苔庭の外側には
古都の名刹寺院に
ふさわしい
本堂があります。
金堂跡、西塔跡は
この苔庭の中にあるとか。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 18:52|Permalinkclip!

2016年05月20日

それにしても暑いですね。

大阪中之島。北海道の北見では
気温32度を超えた
というニュース。
鹿児島が
28度ですから
北海道の気温には
ちょっとビックリ。
大阪も29度を
超える暑さです。
気象庁によると
明日も
北海道と
九州で気温が上がり、
ところどころで
真夏日になる見込みとか。
熱中症対策を
心がけたいですね。
写真はいつもの散歩道
大阪の中之島公園です。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 17:52|Permalinkclip!

2016年04月26日

水どころ伏見の、ある風景。

伏見。京都と伏見を結ぶ
竹田街道にかかる
京橋のたもとに、
伏見口の戦い激戦地跡と
記された石碑が
建っています。
激戦地の面影はなく
実に静か。
撮影の仕事帰りに
撮った写真です。
見える水路には
十石船が
のんびり進むとか。
ほとりに龍馬とお龍 
愛の旅路像があります。
水路沿いを歩く
観光客の姿も多く見られ
伏見らしい風情のある
風景の一つです。


にほんブログ村  


ai_himawari33 at 18:29|Permalinkclip!

2016年04月06日

サクラより風景がすばらしい。

諭鶴羽ダムの桜。各地でサクラ満開の便りが
聞こえてきます。
暖かい日が続くと
あっという間に
サクラは満開になります。
パッと咲いて
パッと散るところが
サクラの
いいところなのでしょうね。
ごらんの写真は
サクラの名所として有名な
淡路島の最高峰 
諭鶴羽山(ゆづるはさん)の
ふもとにある諭鶴羽ダムの
風景写真です。
ダムの両岸には
ソメイヨシノが満開。
今回はサクラより風景優先で
撮ってみました。



にほんブログ村 


ai_himawari33 at 18:05|Permalinkclip!

2016年02月13日

さあ来い、春一番!

20160213きょう13日
全国的に
春の暖かさ。
東京都心は20度超えとか。
大阪は18度。
明日14日(日)にかけて、
低気圧が急速に発達しながら
日本海を進むと言います。
すでに近畿は
南風が強まり、
強い雨。
春の嵐かも。
春一番が
観測される
可能性があると
気象庁。
写真は春一番を待つ
一本の樹木。
さあ来い!春一番。



にほんブログ村


ai_himawari33 at 16:14|Permalinkclip!

2015年08月20日

空の色が変わると、やがて秋。

20150820暑い日が
続いていますが
いかがお過ごしですか?
きょう高校野球の
決勝戦があり
東海大相模が
仙台育英を破って
45年ぶり2度目の頂点へ。
球児の
熱い熱い戦いが終わると
風は秋の匂いに 
変わります。
不思議ですネ。
空の色も
ごらんのように
あかね色。
やがて
涼しい秋がやってきそう。



にほんブログ村 


ai_himawari33 at 18:28|Permalinkclip!

2015年05月08日

ココロもカラダもうれしくなる緑です。

高台寺の新緑。新緑のまぶしい季節。
ぶらぶら歩きには
いい季節ですね。
あわただしい
毎日の生活のなかで
みどりに出会うと
なぜか
うれしくなります。
ココロも
カラダも
気持ちいいと喜びます。
みどり、緑、ミドリ
グリーン。
素晴らしい色ですね。
ごらんの「緑」は
京都は高台寺の
山門の、みどりです。
新緑の
ぶらぶら歩きってステキです。


 にほんブログ村 


ai_himawari33 at 15:17|Permalinkclip!

2015年02月05日

お釡で薪で、ご飯を炊くときの言葉。

お窯。はじめちょろちょろ
中ぱっぱ、
ぶつぶついう頃、火を引いて、
ひと握りのわら燃やし、
赤子泣いても蓋とるな。
これは、お釜で
薪を使った火で
ご飯を炊くときの火加減を
意味する言葉です。
はじめのうちは火を弱くして
ゆっくり温度を上げて、
中ごろは火を強めて沸騰させて
炊き上げる。
理想のご飯の炊き方を
言葉にしたのでしょうね。
でも、いまでは
写真のような「お釡」で
ご飯を炊くことは
なくなりましたね。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 18:05|Permalinkclip!

2015年01月15日

午前5時46分52秒、グラッと来た…

風景。あの日の朝、
午前5時46分52秒
いきなりグラッと来た
阪神・淡路大震災。
あの日から20年。
時の流れは
川の流れのように早い。
あっという間の20年。
いまも震災の影を
引きずって
暮らしている方々が
大勢いらっしゃると思うと
心が痛む。
どんより曇った空
落ち葉を運ぶ川
眺めながら
手を合わせている自分が
そこにいる…


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 18:39|Permalinkclip!

2014年10月15日

台風一過 京の空は晴れ晴れ。

秋空。日本列島を
縦断しながら
関東から東北へ進み
太平洋へ抜けて
温帯低気圧となった
大型の台風19号。
京の空は
まさに台風一過
晴れ晴れ。
各地で
猛烈な雨を観測し
道路冠水や
土砂崩れ
大きな被害が
相次いだのに
なにごとも
なかったかのように
晴れ晴れと。
自然の力は恐ろしい。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 16:39|Permalinkclip!

2014年09月18日

自然に触れて感性が目を覚ます。

澄み切った秋空。秋の訪れ
澄み切った空
京都は嵯峨野あたりを
散策して
自然に触れていると
眠っていた
感性が
目を覚ます。
日ごろの
ストレスが
すっかり消えて
感謝の
気持ちが湧く不思議。
遠くに広がる
空を見ているだけで
忘れていた
大切な心を取り戻す。
自然の力って
すごいですね。


 にほんブログ村


ai_himawari33 at 17:23|Permalinkclip!

2014年09月08日

たったいま十五夜のお月様を撮ってきました。

十五夜。今夜は十五夜。
ごらんの写真は
たったいま
大阪淀川の堤防で
撮ってきた
「お月様」です。
夕暮れから
ずっと
お月様が出るのを
待っていたのですが
東の空に
厚い雲がかかっていて
なかなか「お月様」の
顔を見ることが
出来ず
ちょっとあせりました。
それでも十五夜のお月様を
撮ることが出来たのは
ラッキーです。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 19:15|Permalinkclip!

2014年08月22日

撮るたびに新しい発見がある南禅寺の水路閣。

京都南禅寺の水路閣。京都の代表的な風景
水路閣(すいろかく)です。
南禅寺の境内に立つ
エキゾチックな
レンガ造りの疎水橋。
季節を問わず
訪れては
美しいアーチを撮っています。
水路閣は明治21年
1888年に建設され、
全長93mの橋。、
琵琶湖疏水の設計者の
田辺朔郎が設計です。
古代ローマの
水道橋が手本となっていると
資料に記されています。
数多くの人が
この水路閣に魅せられて
何度も何度も撮影に訪れます。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 11:00|Permalinkclip!

2014年07月09日

風景のなかに気の流れが見えました。

青紅葉。ふと立ち止まって
撮りたくなる
そんな場所があります。
この写真の風景は
どこにでもある
ありふれた
風景の一つでしょうが、
立ち止まれと
天の声が聞こえた気がして
立ち止まってしまいました。
立ち止まるほどの風景か
と言われると
困ってしまいますが。
でも、そのとき風景のなかに
「気の流れ」が見えたのです。
だから天は
立ち止まらせたのでしょうね。
心も体も元気になっていくのが
感じられます。


 にほんブログ村


ai_himawari33 at 17:21|Permalinkclip!

2014年04月30日

ずっと眺めていたい、青い空と白い雲。

空の風景。青い空に浮かぶ白い雲。
つかいなれた「言葉」では
いい表したくないほど
この日の
青い空に浮かぶ白い雲は
心を揺さぶる。
ただ
ぼんやりと
眺めているだけで
ゆめが広がる。
青い空と
浮かぶ雲の向こう側に
きっと
人には見えない
不思議な世界が…
そう思いながら
目をまん丸にして
ずっと青い空と白い雲を
眺めているわたし。


 にほんブログ村


ai_himawari33 at 11:00|Permalinkclip!

2014年04月24日

季節の変わり目を撮ってみました。

新緑。桜が散り
青葉の清澄な薄緑色が
目にまぶしくなる
季節の変わり目です。
時候の
あいさつでは
青葉若葉がまぶしく輝く頃
とでも書くのでしょうね。
風薫る
薫風も若葉を表現する言葉。
ごらんの写真は
晴れた日
ぶらぶら歩きを
楽しんでいましたら
目の前に
季節の変わり目のような
景色が飛び込んできましたので
思わず
撮った一枚です。


にほんブログ村 


ai_himawari33 at 14:57|Permalinkclip!