2017年05月22日

今年もバラの花に会いに来ました。

バラ。バラの季節が来ました。
毎年 同じ「ばら園」で
さまざまな種類の
バラの花を撮っています。
バラの花は
いつも同じように見えますが
やはり その表情は
毎年違います。
生きものなのですね。
その時々で違った表情で
カメラ目線で
こちらを
見つめてくれます。
「今年も来たよ」
と声をかけながら
撮りました。
真夏日のような暑さにも
バラの花は
微笑んでくれました。


にほんブログ村


ai_himawari33 at 18:49|Permalinkclip!バラ | お花

2017年05月15日

暑さを避けて水路を走る十石船。

岡崎疏水。このところ
夏日が続いています。
いかがお過ごしですか?
京の街は
「葵祭」で
賑わっています。
25度を超える
暑さに観光客も汗だく。
ぶらり
仁王門通りを歩くと
水路には
十石船がスイスイと。
きっと涼しいだろうなぁ
と思いながら
撮ったのが
このワンカット。
橋の上から
眺めているだけでなく
乗ってみたい十石船です。



にほんブログ村


ai_himawari33 at 18:49|Permalinkclip!風景 | 京都

2017年05月08日

赤色の社殿に人気があるようですね。

20170508平安神宮は
平安様式の建物で
いつ見ても
美しい。
外国の方には
とくに
赤色の社殿が
人気があるようで
この日も
大勢の観光客が
境内の建造物を
目を凝らして
撮影していました。
大極殿や応天門などは
重要文化財。
どれも絵になります。
ごらんの写真は
五月晴れの
平安神宮のワンカット。



にほんブログ村 


ai_himawari33 at 19:00|Permalinkclip!神社 | 京都

2017年05月01日

さわやかな新緑の季節であってほしい。

大阪中之島。新緑の季節、5月が始まる。
和名で「皐月(さつき)」
早苗月(さなえづき)が
「皐月」になったとか。
早稲月(さいねづき)、
稲苗月(いななえづき)
雨月(うげつ)、
梅月(ばいげつ)とも
呼ばれている。
5月4日は「みどりの日」
本格的な夏は
まだまだ先のようだが
昨日、今日は30度を
超える地域もあったよう。
国際情勢はキナ臭く
蒸し蒸しして汗が出そう。
平和で、さわやかな
新緑の季節で
あってほしい。



にほんブログ村   


ai_himawari33 at 19:49|Permalinkclip!大阪 | 風景

2017年04月24日

花は散ってもサクラの季節。

桜の葉。サクラの花は散ったけれど
緑いろの葉っぱが
大樹の広げた手に
高々と持ち上げられて
キラキラ輝く。
緑の季節は
太陽のパワーを吸収する
桜の樹にとって大切な時期。
暑い夏が過ぎ秋が来ると
葉は黄いろに染まる。
モミジとは違う
凛と輝く黄葉。
冬は落葉が
わびさびの世界をつくる。
サクラの花の命は短いけれど
桜の葉は
季節を演出してくれる。
たくさんの人々に愛される
桜らしい生き方…。



にほんブログ村   


ai_himawari33 at 18:15|Permalinkclip! | 

2017年04月17日

早くもサクラは葉桜の様相。

東寺五重塔と桜。花の命は短いと
言うが
開花宣言があって
いざ花見に出かけようと
思ったら雨で
花びらが地を染め
晴れた朝には
強い風で花びら舞い
それでも
京都、東寺には
大勢の観光客が集まる。
サクラも
葉桜の様相だが
五重の塔を背景に
写真を撮っている。
外国の人にとって
これぞ
日本の美しい
風景の一つかも。


にほんブログ村   


ai_himawari33 at 18:33|Permalinkclip!京都 | お寺

2017年04月11日

桜がないている。

桜。あの日も空は灰色だった。
好きだったけれど
母を残して
行くことが出来なかった。
ごめんね、と言って
つくり笑いをしたが
心は灰色。
海外への転勤
昇進を決める赴任先。
ついて行ってあげたい
そんな思いもあったけれど
決心がつかなかった。
しばらく
日本の桜を観ることが
ないだろうなぁ…
あの日のことを思い出す。
空は灰色、
桜が泣いているよう 
わたしの心は曇ったまま。


にほんブログ村  


ai_himawari33 at 18:51|Permalinkclip! | さくら

2017年04月03日

少し早いようですが京都のサクラです。

河津桜。この一本だけが見ごろです。
付近のサクラはまだツボミ。 
しかし、咲き始めたら
あっという間に
満開になるのがサクラ。
予報では4月5日頃から
満開になるという。
花の命は短いと言うけれど
咲いたと思ったら
すぐに散ってしまうサクラ。
撮りに出かけたら
もう散り始めていた…
そんなことがないことを
祈りながら、
満開のサクラを
近々、撮りに行ってきます。



にほんブログ村 

ai_himawari33 at 18:53|Permalinkclip!さくら 

2017年03月27日

袈裟と衣は心に着よ。

お坊さん。「衣ばかりで和尚はできぬ」
法衣を着て
袈裟をまとっただけでは
和尚と呼べぬ。
しかし、出会った修行増は
礼儀正しく、一人一人が
行き交う時に立ち止まり
手を合わせ、こんにちはと
挨拶して通り過ぎて行く。
黒染めの法衣を
身に着けている姿は
どこか神々しい。
心身の修養と
修行をしているに違いない。
袈裟と衣は心に着よ
という諺がある。
どうぞ、立派な和尚にと
声援を贈りたくなる。



にほんブログ村
  

ai_himawari33 at 18:58|Permalinkclip!お寺 

2017年03月21日

春が近くに来ているようです。

菜の花畑。春の匂いがしています。
菜の花が
一面に咲いています。
とても明るい
気持ちになります。
希望がわいてくるようです。
菜の花畑の先に
春の海が見えます。
花曇りの
空にも春が見えます。
空気は
さわやかで春の匂い。
菜の花の花言葉は
快活な愛、小さな幸せ
元気いっぱい、豊かさ。
黄色にかがやく
菜の花。
すぐ近くに
春が来ているようです。


にほんブログ村  


ai_himawari33 at 13:15|Permalinkclip!お花